学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | ほけんだより

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

平成31年3月11日(月)〜3月15日(金)

今週の登園停止状況

年長:ぴゅーまぐみ 年長:らいおんぐみ  
インフルエンザA型 1名 なし  
年中:きりんぐみ  年中:ぞうぐみ   
伝染性紅斑(りんご病) 2名 インフルエンザA型 2名  
 年少:うさぎぐみ  年少:りすぐみ  年少:こあらぐみ
なし なし 伝染性紅斑(りんご病) 1名
2歳児:ひよこぐみ 2歳児:さくらんぼぐみ  
伝染性紅斑(りんご病) 1名 なし  
1歳児:いちごぐみ 0歳児:みかんぐみ   
なし なし  

 今年度も、あとわずかになりました。インフルエンザが大流行した年でしたが、子どもたちが冷たい水でもがんばって手洗い、うがいをしてくれたおかげか、園では大きな流行にならずにすみそうです。今年度もあとわずかですが、元気に卒園式、終業式を迎えられるよう気をつけていきたいと思います。(養護教諭 関)

2月期の保健指導
「健康のお話クイズをしよう!」

指導内容

 今年度の4回※の保健指導の内容をどれくらい覚えているかを○×クイズにして、復習しながら確認する。
 うがいの種類(ガラガラ・ぶくぶく)・手洗いのやり方・トイレの使い方・むし歯の原因・歯のみがき方・けがの対処法・咳エチケット・鼻のかみ方などの内容を復習する。

  • 月:うがい・手洗い・トイレの使い方
  • 7月:むし歯予防・歯のみがき方
  • 9月:けがの種類と処置
  • 12月:咳エチケットと鼻のかみ方

各学年の指導内容と結果

<さくらんぼ・ひよこ>

【ねらい】
・基本的な生活習慣を復習する
【指導内容】
・うがいの違い・手洗いのやり方・咳エチケット・鼻のかみ方の復習をして、元気に過ごせるようにする。(紙芝居でよさそうなものがあれば、利用する。)
【結果:各担任より】
・大まかな理解ですが、覚えていてくれて、いっしょにやると上手にできました。

<年少>

【ねらい】
・○×クイズにして、今までの内容を復習し、確認する。
【指導内容】
・特に覚えてほしい以下の内容を入れて話す。

  • うがいの違い・手洗いのやり方・トイレットペーパーの使い方・むし歯になりやすいところ(奥歯)・けがの対処法(鼻血)・咳エチケット・鼻のかみ方

【結果:各担任より】
・うがいの違い・手洗いのやり方はよく覚えていていて、咳エチケットも上手にできました。

<年中・年長>

【ねらい】
・○×クイズにして、今までの内容を復習し、確認する。
【指導内容】
・特に覚えてほしい以下の内容を入れて話す。

  • うがいの違い・手洗いのやり方・トイレットペーパーの使い方・歯のみがき方(こちょこちょみがく)・むし歯になりやすいところ(奥歯)・おとなの歯の生え変わり・けがの対処法(鼻血・すり傷・切り傷)・咳エチケット・鼻のかみ方

 ※年長は、からだの話もしたので、からだのしくみもクイズに入れる。(おしっことうんち・血液。鼻と耳)
【結果:各担任より】
・年中組は、よく理解できていて、歯みがきも強くみがきすぎない大切さも覚えていました。年長組は、ほぼ全問正解で、理解力に感心しました。

◎以上、全体としてそれぞれの年齢に応じた理解ができており、基本的な生活習慣につながってくれるといいなと思います。一年間よくお話しを聞いてくれたので、最後にカードを渡して「4月からも元気で過ごそうね」で今年度の保健指導を終わります。

当園におけるケガの対応

 幼稚園・「まんまる」でケガ(すり傷・切り傷・打撲など)をした場合は、応急処置をさせていただきます。
 傷の消毒には、薬を使わず流水で洗うことを基本としています。清潔にした上で出血や痛みの程度によりカットバンを貼らせていただきます。
 カットバンより大きいケガについてはガーゼで保護しますが、幼稚園では、傷に軟膏(キップパイロールという傷ややけど用の薬)を塗ってから貼らせていただいています。
 まんまるでは、軟膏は使いません。かぶれやかゆみの場合のみ、ムヒベビーという軟膏を使わせていただきます。
 打撲については、顔にはヒエピタ、手足には湿布を貼らせていただいています。
 塗り薬やカットバン、湿布などでかぶれる場合は、お知らせいただきたいと思います。

当園における感染症の対応

・日常の予防として、子どもたちに「手洗い」「うがい」を習慣づけます。モーリス(次亜塩素酸水)を使って日常の消毒をするなど、気をつけています。
・毎朝欠席状況を把握して玄関のホワイトボードに掲示することで、保護者の皆さまにもお知らせしたり、週末にはホームページにも載せて毎週更新しています。
・園において感染症が流行した場合は必要に応じて保健所へ報告し、保健所の指示のもと、適切に対応しています。また、保護者の皆さまにも「おたより」を配布し、早期に対応していただけるようにしています。

 集団生活ですので感染症の流行は必ずありますが、できるだけ広がらないよう保護者の皆さまにも情報提供し、感染拡大の防止に努めていきたいと思います。