学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | ほけんだより

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

平成30年9月18日(火)〜9月21日(金)

今週の登園停止状況

年長:ぴゅーまぐみ 年長:らいおんぐみ  
なし なし  
年中:きりんぐみ  年中:ぞうぐみ   
アデノウイルス 1名 なし  
 年少:うさぎぐみ  年少:りすぐみ  年少:こあらぐみ
なし なし なし
2歳児:ひよこぐみ 2歳児:さくらんぼぐみ  
なし なし  
1歳児:いちごぐみ 0歳児:みかんぐみ   
なし なし  



7月期の保健指導

「むし歯はなぜできるのかを理解する。歯みがきのやり方を覚える」

指導内容

【むし歯】

  • 甘いもの、たべかすがむし歯菌の好物で、歯を溶かしてしまうこと、むし歯の予防には食後の歯みがき、特に夜寝る前の歯みがきが大切であることを知る。

【はみがき】

  • 年齢に応じたみがき方を覚える。
    • さくらんぼ・ひよこ…歯ブラシに慣れる。
    • 年少…噛み合わせの4ヶ所、前歯が確実にみがける。
    • 年中…噛み合わせの4ヶ所、歯の表側が奥からみがける。
    • 年長…噛み合わせの4ヶ所、歯の表側と裏側がみがける。
    • 年中・年長は、なるべく鉛筆持ちでみがいてみる。
  • 歯ブラシをくわえたまま歩くことが危険であることを知る。

指導時間

・さくらんぼ・ひよこは、午前中
・年少以上は、プールが始まるので状況に応じて(年少は3クラスを2つに分けて、年中・年長は学年で実施)

各学年の指導内容と結果

<さくらんぼ・ひよこ>

【ねらい】
・むし歯は何かを知り、歯みがきに慣れる。
【指導内容】
・絵本を読んで理解する。
・歯みがきをやってみる。
・歯ブラシをくわえて歩かない。
【結果:各担任より】
・ブクブクうがいがとても上手にできました。
・下の奥歯のみがき方も上手に歯ブラシを動かしていました。
・歯ブラシの向きを変えて上の歯をみがくことは、まだ難しそうです。

<年少>

【ねらい】
・むし歯がなぜできるのかを理解し、歯みがきの大切さを理解する。
【指導内容】
・むし歯菌が歯を溶かし痛くなることを理解する。
・歯みがきは、噛み合わせと前歯が確実にみがけて、ブクブクうがいができるようになる。
・歯ブラシをくわえて歩かない。
【結果:各担任より】
・むし歯、むしバイキン、歯みがきの3つの言葉は連想できました。
・歯ブラシの向きを上にして上の歯をみがくことが難しかったですが、教えると上手に動かすことができました。

<年中・年長>

【ねらい】
・むし歯がなぜできるのかを理解し、歯みがきの大切さを理解する。
・生え変わりの時期なので、乳歯、永久歯の違いを知り、みがき方を覚える。
【指導内容】
・むし歯菌が歯を溶かして穴が広がり、痛くなることを理解する。
・歯みがきは、噛み合わせと歯の裏までみがくことを意識できるようになる。
・歯ブラシをくわえて歩かない。
・鉛筆持ちでみがいてみる。
【結果:各担任より】
・鉛筆持ちで歯みがきをしている子が何人かいて、全員で練習したら上手にできました。
・上下の奥歯も、うまく歯ブラシをあてて動かすことができました。
・練習すると上手にできているので、あとは日常の中で習慣にしていって欲しいと思います。

<年長のみ>

【指導内容】
・乳歯・永久歯の違いや、生え変わりについて知り、みがき方を覚える。
【結果:各担任より】
・乳歯の生え変わりは、多い子で6本が1人、5本が1人でした。
・永久歯は、歯ブラシをたてにしてみがくよう話をしました。

当園におけるケガの対応

 幼稚園・「まんまる」でケガ(すり傷・切り傷・打撲など)をした場合は、応急処置をさせていただきます。
 傷の消毒には、薬を使わず流水で洗うことを基本としています。清潔にした上で出血や痛みの程度によりカットバンを貼らせていただきます。
 カットバンより大きいケガについてはガーゼで保護しますが、幼稚園では、傷に軟膏(キップパイロールという傷ややけど用の薬)を塗ってから貼らせていただいています。
 まんまるでは、軟膏は使いません。かぶれやかゆみの場合のみ、ムヒベビーという軟膏を使わせていただきます。
 打撲については、顔にはヒエピタ、手足には湿布を貼らせていただいています。
 塗り薬やカットバン、湿布などでかぶれる場合は、お知らせいただきたいと思います。

当園における感染症の対応

・日常の予防として、子どもたちに「手洗い」「うがい」を習慣づけます。モーリス(次亜塩素酸水)を使って日常の消毒をするなど、気をつけています。
・毎朝欠席状況を把握して玄関のホワイトボードに掲示することで、保護者の皆さまにもお知らせしたり、週末にはホームページにも載せて毎週更新しています。
・園において感染症が流行した場合は必要に応じて保健所へ報告し、保健所の指示のもと、適切に対応しています。また、保護者の皆さまにも「おたより」を配布し、早期に対応していただけるようにしています。

 集団生活ですので感染症の流行は必ずありますが、できるだけ広がらないよう保護者の皆さまにも情報提供し、感染拡大の防止に努めていきたいと思います。