学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | ほけんだより

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

平成301年1月15日(火)〜1月18日(金)

今週の登園停止状況

年長:ぴゅーまぐみ 年長:らいおんぐみ  
なし なし  
年中:きりんぐみ  年中:ぞうぐみ   
インフルエンザA型 2名  インフルエンザA型 1名   
 年少:うさぎぐみ  年少:りすぐみ  年少:こあらぐみ
インフルエンザA型 3名  インフルエンザA型 2名  なし
2歳児:ひよこぐみ 2歳児:さくらんぼぐみ  
インフルエンザA型 1名  インフルエンザA型 1名   
1歳児:いちごぐみ 0歳児:みかんぐみ   職員
インフルエンザA型 2名  インフルエンザA型 1名  インフルエンザA型 1名 

 今週になり急にインフルエンザによる欠席が増えてきました。近隣の小中学校でも学級閉鎖になったところがあり、地域的にも流行してきました。
 先日インフルエンザの流行のお知らせを配布させていただきましたように、園でも気をつけていきます。ご家庭におかれましても、体調管理をお願いいたします。

(養護教諭 関)


12月期の保健指導

「咳エチケットと鼻のかみかた」

指導内容

 かぜやインフルエンザの季節になり、咳や鼻水が出ることが多くなってきたので、周りのお友だちにうつさないようにする知識と方法を身につける。また、鼻を上手にかめるように練習する。
(1)咳エチケット…咳やくしゃみが出そうなときは、手や腕を口にあて、周りに飛ばないように気をつける。また、咳が出るときはマスクをして、お友だちにうつさないことが大切であることを知る。
(2)鼻のかみ方…鼻をかむときは、ティッシュを広げ、たたんでから鼻にあて、片方ずつかむ。それを半分に折り、きれいなところを出して鼻にあて、片方ずつかむ。

指導時間

帰りの時間20分ほど。

各学年の指導内容と結果

<さくらんぼ・ひよこ・年少>

【ねらい】
・咳や鼻水には、ばい菌がたくさん入っていることを知る。
・咳エチケットと鼻のかみ方を練習する。
【指導内容】
・鼻水は、たくさんばい菌が入っているので飲み込まないこと。
・咳が出るときは、周りのお友だち飛ばないよう口を手や腕で押さえることを一緒にやってみる。
・咳が出るときは、マスクをする。(咳エチケットの言葉も覚える。)
・口から息を吸い、鼻から出す練習をしてから、鼻水のかみ方を練習する。
【結果:各担任より】
・まずは、口を閉じて鼻で息をすることをやってみました。
・その後にティッシュを使いましたが、まだ難しそうでした。
・ティッシュを半分に折りたたみながら鼻をふき、赤いゴミ箱へ捨てるところまでできました。
・年少組は、咳エチケットのやり方を一緒にやって覚えました。
・鼻のかみ方は、まずティッシュを広げるところから始めました。
・両手で片方ずつ押さえることは練習したらできたので、習慣になるように声がけしていきたいと思います。

<年中・年長>

【ねらい】
・咳エチケットを思い出し、練習・確認する。
・鼻を上手にかめるようになる。
・年長は、鼻と耳のしくみを知る。
【指導内容】
・咳やくしゃみがどれくらい飛ぶか(2〜4メートル)を知り、手や腕で押さえる、マスクをするなどの咳エチケットを思い出し、確認する。
・口から息を吸い鼻から出す練習をした後に、鼻のかみ方を練習する。
・鼻と耳はつながっており、鼻をためておくと耳まで悪くなることがある(中耳炎)ことを理解する。
【結果:各担任より】
・年中組は、咳エチケットは理解できていました。
・鼻のかみ方は、ティッシュを半分にたたむことや片方ずつかむことが難しかったですが、全員で練習しました。
・年長組は咳エチケットの理解もできていて、鼻も上手にかめる子が多かったです。
・耳と鼻と眼はつながっていることも知っている子が多く、鼻をいつもきれいにしておくことが大切であることを話しました。

当園におけるケガの対応

 幼稚園・「まんまる」でケガ(すり傷・切り傷・打撲など)をした場合は、応急処置をさせていただきます。
 傷の消毒には、薬を使わず流水で洗うことを基本としています。清潔にした上で出血や痛みの程度によりカットバンを貼らせていただきます。
 カットバンより大きいケガについてはガーゼで保護しますが、幼稚園では、傷に軟膏(キップパイロールという傷ややけど用の薬)を塗ってから貼らせていただいています。
 まんまるでは、軟膏は使いません。かぶれやかゆみの場合のみ、ムヒベビーという軟膏を使わせていただきます。
 打撲については、顔にはヒエピタ、手足には湿布を貼らせていただいています。
 塗り薬やカットバン、湿布などでかぶれる場合は、お知らせいただきたいと思います。

当園における感染症の対応

・日常の予防として、子どもたちに「手洗い」「うがい」を習慣づけます。モーリス(次亜塩素酸水)を使って日常の消毒をするなど、気をつけています。
・毎朝欠席状況を把握して玄関のホワイトボードに掲示することで、保護者の皆さまにもお知らせしたり、週末にはホームページにも載せて毎週更新しています。
・園において感染症が流行した場合は必要に応じて保健所へ報告し、保健所の指示のもと、適切に対応しています。また、保護者の皆さまにも「おたより」を配布し、早期に対応していただけるようにしています。

 集団生活ですので感染症の流行は必ずありますが、できるだけ広がらないよう保護者の皆さまにも情報提供し、感染拡大の防止に努めていきたいと思います。