学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H23年度 | 園長日記 12月(H23).1月分(H24)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成24年1月、23年12月

◆ 1月31日(火)

  •  今日は、おんがくかいの予行練習です。
  •  各学年の差が、良い意味で感じることができました。年少ぐみの気ままな感じ、年中ぐみの大人ぶっているところ、年長ぐみのまとまりのあるところ。
  •  別な言い方をすれば、年少ぐみの「思いのままに表現する元気良さ」だったり、年中ぐみの「ぼくたちの私たちのピアニカ、上手でしょ。ちゃんと弾けるぞ。やれるぞ。」ってところ、年長ぐみの「先生の気持ちと子どもたちの気持ちがぴったり合う演奏」。
  •  色々な子どもたちの姿が見えて、私、おんがくかい前にずいぶん楽しませてもらった感じです。まだまだ未完成な感じもありますが、当日はお家の方に絶対楽しんでいただけると思います。あと4日、お待ちくださいね。
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  •  そして、お弁当の日、ありがとうございました。少しくやしいけれど、お弁当と給食、お弁当の勝ち!! 「お弁当、おいし〜い」と、子どもたちの声がいっぱい聞こえてきました。

◆ 1月24日(火)

  •  実習生が2名、今、園で勉強中です。2人が、楽器(ギターとフルート)が得意だと聞き、帰りの会で30分ほど楽器を使って子どもたちと遊んでみてと昨日伝えました。
  •  そして、今日、緊張しているのかと思えば全くそんな様子もなく、堂々と楽器を使ってイントロ当てクイズをやってくれました。今の季節に合った豆まきのうたや年長さんが音楽会で歌ううた、AKB48のフライングゲットなど、30分が足りないほどでしたよ。
  •  物事に動じない、堂々とした気持ち、あ〜私も見倣いたいな。
  • ==============================================================
  • ※インフルエンザが流行してきました。まだ長生幼稚園では出ていませんが、手洗い・うがいをしっかりとやりましょうね。

◆ 1月18日(水)

  •  年長組がいつも楽しみにしている月に一度のサッカー。女の子も男の子も関係なく、ひとつのボールを蹴り合います。今は雪で屋外ではできませんが、ホールでも元気いっぱい、シュートが決まった時には大きな歓声があがります。
  •  今日のサッカーでの一コマ。5人の子どもたちが頭を寄せ合い何やらこそこそと・・・、何をしているのかなと思ったら何と作戦会議で、お互いがシュートを決めるための意見を出し合っているようでした。チームプレーにおいて自分だけじゃなく相手の動きや気持ちを考えて動くことは、人生の上でもとてもよい経験になりますね。

◆ 1月16日(月)

  •  今日は、休み明けの月曜日。天気も良く、みんなで外へ出て雪あそびをしました。
  •  大きな雪山を作って「かまくらあそび!!」と思いましたが、時間内には作れず、途中から“ソリ山”に変更。それでも子どもたちは、大喜びでした。
  • ・・・・濡れた時用の替えの靴下を必ずカバンの中にいれておいてくださ〜〜いね。

◆ 1月12日(木)

  •  今日は、1月生まれのお誕生会がありました。お誕生会ではいつも、子どもたちに物知り博士になって欲しいと、何か身近な物事についてのお話をするようにしています。
  •  今日のお誕生会には、朝からしんしんと降る雪を見て雪の結晶について写真を見せながら話をしました。すると早速、帰りのバスで年長組の男の子が窓に落ちる雪をじーっと見て、「えんちょうせんせい、ゆきのけっしょうみえたよ」と教えてくれました。まわりの子どもたちも「ほんとう?」「どれ?」と、あっという間にバスの窓は雪の結晶の観察場になりました。
  •  私のつたない話を心にとめてくれたことが何とも嬉しかったです。さて、来月は何を話そうか、今からネタ集めです。

◆ 1月10日(火)

  •  今日は、約束通り「ぐりとぐらの1ねんかん」の絵本を集会で読み聞かせました。本当によく聞いてくれましたよ。
  •  その後、一人一人に「おとしだま」を手渡しました。子どもたちは、“えんちょうせんせい、ありがとう”、“ことしもよろしく”などと、一言ずつ声をかけてくれました。
  •  年長さんには毎年ヒモゴマを渡すのですが、“このコマは園のリーダーにあげるんだよ”というと背筋をピンと伸ばして受け取ってくれました。みんなが上手に回せるようになると良いな。

◆ 1月1日(日)「新年 あけまして SMILE」

  •  2012年がスタートしました。2012年も、今日元旦の天候のようにおだやかな一年になると良いなと思います。
  •  いただいた年賀状には園長日記読んでますと一言添えてくださる方がたくさんいて、嬉しくなりました。三日坊主かも・・・と始めたこの日記を何とか続けていられるのも皆さんの励ましのおかげです。今年もちょっとした園の様子をお知らせできるコーナーにしていきたいと思います。
  •  本年もどうぞよろしくお願いします。

◆ 12月22日(木)

  •  今日は、一足早いクリスマス会。私に課せられたのは、クリスマスとは何かを子どもたちに話すこと。「え〜と」色々調べましたが、結局は12月の絵本「クリスマスってなあに」を読み聞かせました。ちょっと難しかったかな?
  •  その後は、手品や劇、サンタさんが登場し、プレゼントをもらい大喜びの子どもたちでした。
  •  今日で終了し冬休みに入りますが、どうぞ子どもたちと少しゆったりした気分で過ごしてみてくださいね。私は明日より少しずつ大掃除に入りたいと思います。(早め早め・・)
  •  特別保育は、毎日お弁当を持って園に行きますので、何かありましたら遠慮なくご連絡ください。

◆ 12月20日(火)

  •  アデノウイルスが流行し、欠席も各クラス5〜8人、多いクラスで11人と、ホールががらんとするような感じさえします。
  •  子どもたちの様子を見ていると、朝調子がよくても給食時が一番体調がくずれるらしく、職員室で私が給食を食べていると必ず「発熱でーす」と佳子先生が入ってきます。「お食事時すみません」と遠慮がちに入ってこられますが、熱を測るのはもちろん、水分を与えて喉の様子をを見たりと、具合の悪い子どもも私たちも頼りきっちゃってます。
  •  まだアデノ流行は続きそうです。どうぞ、ご注意ください。

◆ 12月16日(金)

  •  昨日は在園児のもちつき大会、今日は未就園児のわくわくもちつき大会を行いました。臼と杵でつくるおもちは、最高においしかったです。
  •  蒸したもち米をめつぶしし、杵を振り上げ下ろす、何度かくり返すうちに米がもちになり、ゴンゴンという音からペタンペタンと音も変わる。杵に真っ白なもちがつき、びょーんと伸びる。目の前で変わっていく様子がよくわかりました。
  •  もちつきは、正月を迎えるための準備です。いつでもスーパーで買えるもちですが、昔ながらの“もちつき”という行事はできるだけ続け、子どもたちに残していきたいと思います。元旦から三日間、三が日はもちを食べてほしいなぁー。「お正月だからといって、もちは食べませんよ」という若い方(先生)もいますが・・・。

◆ 12月14日(水)

  •  今日、年長・年中ぐみとアリエッティ展へ行ってきました。感動しました!!
  •  行くバスの中、もうすでに見に行った子どもたちが、“ありがたいことに”色々と話して(教えて)くれてちょっと新鮮みにかけたところもありましたが、本当によくできていました。どんな分野でも〝きわめた〟ところには美しさがある!と感じました。
  •  今回は子どもも大人も楽しめる親しみやすいものでしたが、「美術館に行く」という時はいつも、背筋をピンと伸ばし芸術家にでもなった気分になってしまう自分が変におかしかったです。
  •  子どもたちも無料で楽しめるというのは、ありがたいですね。

◆ 12月13日(火)

  •  今日は、年長組と一緒に千手小学校「ひかりフェスティバル」におじゃましてきました。
  •  小学生が企画したゲームを、1時間という短い時間でしたが、楽しませていただきました。
  •  卒園生の子どもたちが幼稚園の子どもたちに手とり足とり丁寧に教えてくれる姿を見て頼もしく、小学校という場所で多くのことを学び、経験したんだなとつくづく感じました。

◆ 12月10日(土)

  •  今日は、私立幼稚園教員研修会がありました。
  •  幼小連携というテーマで長岡市内の幼稚園の先生たちが集まって情報交換をし、これからの課題とその解決策などを話し合いました。
  •  大変充実した2時間半だったと思います。司会の日和先生、芳美先生、おつかれさまでした。

◆ 12月8日(木)

  •  今日、お誕生会の後、お母さんたちとお茶を飲みながらお話しをさせていただきました。その中で印象に残った言葉がありました。それは、「最後の恋人」です。
  •  母親にとって女の子はライバル、どんなに小さくても女同士、バチバチやりあうことがあるけれど男の子はいつまでもかわいい。男の子は母親にとって最後の恋人なんだというお話。
  •  3人の息子がいる私は、最後の恋人が3人もいるなんて幸せ〜なのかな?
  • ==============================================================
  • ※写真は、各クラスのクリスマス装飾です。教室がとってもにぎやかです。

◆ 12月5日(月)

  •  最近、子どもたちとの会話は、「えんちょうせんせい、でたでた」「わたしも、すこしでた」「ぼく、これくらい」と、何かが出てきた話。
  •  なんだと思いますか?
  •  水栽培のヒヤシンスとクロッカスの根っこのことなんです。
  •  各クラス、いよいよスタートした水栽培、毎日伸びる“もやし”みたいな根っこがおもしろいらしく、観察しては報告してくれます。

◆ 12月4日(日)

  •  今日は、ぴゅーまぐみの典子先生の結婚式へ、職員で招待を受け、おじゃましてきました。幸せのおすそわけをいただいてきましたので、皆様にもちょっぴりおすそわけ。典子先生、末永くお幸せに。
  • (今日は職員の話となってしまい、ゴメンナサイ)
  •  明日からまた、子どもたちの様子をお知らせします。

◆ 12月2日(金)

  •  玄関のポーチに大きなクリスマスツリーが飾られました。
  •  朝の登園の時は節電でライトがついていないせいか、気にとめる子どもたちはあまりいませんが、降園の際はライトがついて華やかで、バスに乗る前には必ずと言って良いほど足を止めツリーを眺めています。小さな子どもたちにとっては、このツリーはさぞかし高くてすご〜いものなのでしょうね。
  •  そうそう、今日登園バスに乗ったら一人の年長組の男の子が、「ぼく、サンタさんみたことある。ぼくのマンションの大きなまどからはいってきたんだ。トナカイはあぶないから下においてきてさ、やっぱりあかいふくきてたよ。」と目を輝かせて話してくれたんです。
  •  ずーっと、ずーっとサンタさんの存在を信じるとっても純粋で素直な気持ちのままでいて欲しいなと思いました。

◆ 12月1日(木)

  •  おゆうぎかいが終わって、各クラスが少しずつクリスマスモードになってきました。今日、年少組の女の子が「えんちょうせんせい、わたし、きょう、おへやでクリスマスツリーをつくったのよ」と教えてくれました。
  •  「そう、よかったね。サンタさん、○○ちゃんのところに来てくれるね。幼稚園にも来てくれるかな?」って私が言うと、「だめだとおもう。だってサンタさんはようちえんのあるところ、しらないとおもうよ」って言われてしまいました。
  •  クリスマス会当日、サンタさんが園に来たら、この子おどろくだろうな〜。どんな顔するか、今から楽しみです。
  • ==============================================================
  •  これは、なーんでしょう?
  • 「園長先生、これなにに似てる?」
  • 「うーん」
  • 「これはね・・・」
  •  さて、何でしょう。

◇ 以下は、別ページです。→H23.11月分10月分9月分8月分7月分6月分5月分4月分