学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H23年度 | 園長日記 2.3月分(H24)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成24年2月、3月

◆ 3月21日(水)

  •  今日、70名の年長さんが卒園していきました。一人一人に証書を渡しながら、「みんな大きくなったね」ってつくづく感じました。
  •  園長1年目の記念すべき卒園式、園長の話は大丈夫だったでしょうか? ドキドキして心臓がハレツしそうでした。
  •  子どもたちにも、保護者の皆さんにも、「ありがとう」という感謝の言葉しか見当たりません。長生幼稚園に入園していただき、本当にありがとうございました。子どもたちと出会えて幸せでした。また会いましょうね。幼稚園で待ってますから。
  •  役員さん、ありがとうございました。祝う会の進行とサプライズアルバムには涙が止まりませんでした。鼻水もズルズル・・・。五十歳を泣かせないで・・・。それでなくても年と共に涙もろくて。
  •  今日は、写真なしです。感動で写真撮るのも忘れてしまいました。

◆ 3月19日(月)

  •  先日、バスの中で年少ぐみの女の子が「えんちょうせんせい、なんさい?」と聞くので「50歳だよ」と答えると、その女の子は「えんちょうせんせい、“すこし”としをとっているから、わたし、やさしくしてあげるね」って言うんです。感動したような、そうじゃないような、複雑な気持ちですが、今毎日忙しくて「優しくしてあげる」って言葉がすっごく嬉しかったりします。
  • ・・・・・・・・
  •  さあ、いよいよ明後日は卒園式、今日は最後の練習でした。練習の後で私からの最後の読み聞かせで、「さよなら、ようちえん」の絵本を読みました。みんながとてもしっかりと聴いてくれて、こんなところにも子どもたちの成長が感じられました。

◆ 3月12日(月)「卒園・進級コンサート」

  •  Let's Music でご指導くださっている 山本敦子先生のコンサートがありました。
  •  いつも手作り感たっぷりで、子どもたちの心をぎゅっとつかんでしまうところが山本先生らしいです。そして、Piano はプロですから、どんな曲も聞き惚れてしまうほど素敵です。こんなに小さい頃から本物に触れられる機会があることは幸せですね。

◆ 3月7日(水)

  •  今日は、ちょうちん座による人形劇を楽しみました。
  •  昨年もお世話になった4名の女性による劇団で、人形は手作り、ストーリー、音楽も全て皆さんが子どもたちのことを思い作ったものなんだそうです。昔話や絵本の中のお話ではなく、4名の方が子どもたちに伝えたいことがストーリーの中にさりげなく感じられる、優しく楽しい作品でした。
  •  劇がすべて終り小道具などを片付けておられる時、4名の方々は「○○した方がもっとよかった」「○○した方が見やすい」と、いろいろ話し合っておられました。「反省会ですか?」とお聞きすると、「やってみて、子どもの反応を見ながらどんどん変えていくんです」と仰っていました。
  •  子どもたちの心を引きつける大きな魅力は、この姿勢によるものなんですね。納得です。

◆ 3月1日(木)

  •  今日は、ひと足早く「ひなまつり集会」を行いました。
  •  今回も園長先生のお話を頼まれ、少し“ひなまつり”のことを調べ、「へぇ〜」と改めて私自身が知ったことを子どもたちにわかりやすく話してみました。
  •  元来の“ひなまつり”は人形に切った紙を身体になでて息を吹きかけ海や川に流すことで罪汚れを祓うということ。それから、三人官女のまん中の女官は、結婚しているので一人だけまゆが無く歯が黒いということを話したら、もうすでに知っている子もいてビックリ!!
  •  行事は、私も勉強でき物知りになれる機会です。
  •  桜餅や、白酒としてのカルピス、ひなあられ、給食にはちらし寿司、ごちそうもたっぷりでした。

◆ 2月22日(水)

  •  今日は、まさしく「雪あそびDAY」日和。久しぶりの青空の下、ソリあそびを楽しみました。
  •  年長・年中は高い山からスピード感を楽しみ、年少さんは小さい山からの優しい速さを楽しみました。雪国ならではの冬の楽しみを満喫しました。
  •  お弁当、ありがとうございました。お母さん手作りのお弁当を食べる子どもたちを見ていると「幸せだなー」って感じ、私も幸せな気持ちになるから不思議です。

◆ 2月15日(水)

  •  私は、よくカッパのかぶり物をして子どもたちの前に登場して遊んだり、一緒にゲームをしたりします。
  •  今朝、出勤すると一人の男の子が「ハイ、えんちょうせいせい、おてがみ」と、しわくちゃな日めくりカレンダーを私のポケットに入れました。「ありがとう」とお礼を言いましたが、その時は特に気にせずポケットに入れたままになってしまいました。
  •  家に帰ってから、そのくしゃくしゃのカレンダーに気づいて広げてみると、すぐに開かずポケットに入れたままにしていたことに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。その手紙には、カッパくんの絵と「だいすき」の一言が・・・。
  •  こんな感動をたびたび味わせてくれるこの仕事が大好きです。

◆ 2月14日(火)

  •  昨日、南中学校の3年生が園に遊びに来てくれました。家庭科の授業で子どもたちのおもちゃを作り、そのおもちゃで一緒に遊ぶということでした。
  •  ぬいぐるみや紙芝居、サッカーボール、的当てなど、どのおもちゃも手作り感がタップリ、一針一針、ひとつひとつ一生懸命作ったことが伝わってきました。特に私が年中組で担任した女の子が中学3年生のとってもかわいい女の子になっていてビックリ!! 会えてうれしかったです。
  •  最後に中学生が全園児に2曲歌をうたってくれました。すてきな歌声にみんなが真剣に聴いていました。中学生というと反抗期真っ只中?、家ではあまり口をきかないかもしれない男の子が一生懸命歌う姿に少しうるうるしてしまい、今どきの男の子、素敵だぞ!! って思っちゃいました。
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  •  今日は、待ちに待ったバレンタインデー。園で用意したチョコレートを女の子から男の子へプレゼント。「なかよくしてね」「また一緒にあそぼうね」と言われて、てれくさそうに笑う男の子。
  •  1人の年少組の男の子、女の子が差し出したチョコレートをもらうと、茶色くぬった紙切れを渡しました。字は書けないけれど、ありがとうのチョコレートだそうです。もちろん、男の子から女の子にも園で用意しましたよ。
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  • お詫び:保育参観の日程を急遽変更させていただき、色々な面で配慮が足りず申し訳ありませんでした。お詫び申し上げます。

◆ 2月8日(水)

  •  最近、年長ぐみの男の子が「えんちょうせんせい、おとしだまでもらったこま、まわせるようになったよ」と何人か言ってくるので、「よし、今度見せて!!」と約束しました。担任の先生にそのことを伝えて時間を作ってもらい、せっかくなのでうさぎぐみにも見せてあげようと一緒に連れて行きました。
  •  ちーたーぐみさんは張り切って用意して待っていてくれて、早速、男女に分かれてこまを回してくれました。その時、こまを回す年長さんの姿を見て、うさぎぐみの子どもたちが何を感じたのかはわかりませんが、教室に戻って着替えの時に、一人の男の子が「これくらいがんばんないと、ちーたーさんみたいにこままわせないね」と必死に自分でボタンをはめていました。
  •  何かを始めたり、見たり、やったりする時は、こうなって欲しい、こう感じて欲しいと期待したり、予想して経験させることが多いのですが、今回はただ“かっこいい年長さん”を見せたかっただけなのに、自分も頑張らなければと感じてくれた年少さん、すごいなって思いました。

◆ 2月5日(日)

  •  おんがくかい、ありがとうございました。残念ながら年中・年少さんに欠席が3名ありましたが、まだまだ来年、再来年とありますので、その時をお楽しみに。年長さんは全員出席、心よりよかったと思います。
  •  できばえは、いかがでしたでしょうか? 毎日先生たちに言われたこと、注意されたことは完ぺきと言っていいほど子どもたちなりにがんばってくれました。広いステージで位置的にとまどってしまったところはあったみたいですが、合奏合唱はよくできたと思います。
  •  当日もお話ししましたが、今回の経験がこれからの子どもたちの成長に大きな力になってくれることと思います。
  •  おんがくかいが終わると、これからは進学・進級に向けた準備です。

◆ 2月2日(木)

  •  今日は、豆まき集会がありました。
  •  ホールで節分の由来を聞いたり、菓子拾いを楽しみました。が、その後、各クラスに年長さんのチビッコ鬼が登場し、「鬼は外!、福はうち!」と豆を投げて退治し、ホッとしたのもつかの間、な、な、なんと大きな鬼の登場で、子どもたちが固まってしまいました。
  •  「悪い子はいないか〜」「片付けできない子はいないか〜」「好き嫌い言う子はいないか〜」「お友だちいじめる子はいないか〜」と言う大鬼に、心当たりのある子は少し反省顔になっていたようですよ。
  •  1年に一度、子どもたちにとっては刺激的な日だったようです。
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  •  黄色クロッカス、1番目が咲きました。ヒヤシンスは、成長が早いのか、ぞくぞくと咲き始めています。

◇ 以下は、別ページです。→H24.1月、H23.12月分11月分10月分9月分8月分7月分6月分5月分4月分