学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H25年度 | 園長日記 2.3月分(H26)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成26年2月.3月分

◆ 平成26年3月27日(木)

  •  今日は、“2回目の卒園式”。卒園式当日、残念ながら欠席した「ぴゅーまぐみ」の2名の男の子の“卒園式”を行いました。
  •  特別保育に参加していた80名近くの子どもたちと保護者の皆さんに見守られ、修了証書授与の他、私のお話(卒園式当日と同じ話をしました)と年長ぐみ3名の先生方の励ましの言葉、はじめの一歩の全員合唱等、特別なことはできませんでしたが、みんなで心からお祝いしました。
  •  保護者の皆さんも喜んでくださり、私たちも嬉しかったです。

◆ 平成26年3月20日(木)

  •  今日は、「そつえんしき」でした。
  •  77名の卒園生に一人一人修了証書を渡しながら、子どもたちの成長を感じることができました。保護者のみなさま、本当にありがとうございました。
  •  午後からの「卒園を祝う会」は、お母さんたち手作りの〝あったかい〟会でした。おわかれは淋しいですが、新たな一歩を歩み出す子どもたちを拍手で送り出したいと思います。いつでも遊びに来てくださいね。
  •  長生幼稚園は、〝そんな〟幼稚園です。

◆ 平成26年3月17日(月)

  •  榎本先生の卒園おめでとうコンサートで突如出現した「ふくちゃん」、子どもたちの心にドーーーンと残ったのでしょうね。
  •  ふくちゃん2号の「はこちゃん」を年長ぐみの男の子が作って見せてくれました。ユニークでとってもかわいい!そして、なんと「はこちゃん」にはメガネまであって、とってもオシャレなんです。
  •  この「ふくちゃん」ブームは、当分続きそうです。
  •  卒園式まで、あと三日。あ〜〜、最後の「ものしりはかせ」は何にしよう・・・、悩んでいます。

◆ 平成26年3月12日(水)

  • 今日は、卒園進級おめでとうコンサートがホールで行われました。
  •  7年前までお世話になっていた榎本正一先生をお招きし、歌ったり、体を動かしたりはもちろんですが、一番盛り上がったのは榎本先生による腹話術です。人形は、スーパーのレジ袋で作った顔を持つ「ふくちゃん」です。ちなみに、「ふくちゃん」の体はダンボール箱なんです。
  •  7年前の子どもと同じく、今の子どもたちも「ふくちゃん」に大喜びで、大笑いしていました。世の中は7年も経てば大きく変わってしまいますが、子どもたちの素直で純粋な気持ちはやっぱり同じなんだと、本当に嬉しく思いました。
  •  もちろん、榎本先生はフルートのプロですから、クラシックの難しい曲も、子どもたちは引き込まれるように聴き入っていましたよ。先生も、終わってから「難しい曲も静かに聴いてくれてびっくりしたよ」と言っておられました。
  •  とっても素敵なコンサートでした。
  • =========
  • 【お詫び】 最近、この日記がご無沙汰気味で、ごめんなさい。実は、卒園式のことで頭がいっぱいなんです。

◆ 平成26年3月5日(水)

  •  今日は、年長さんとの「おわかれかい」がありました。
  •  午前中は、○Xクイズ、年長組に挑戦コーナー、デザートバイキング参加のヒントの入ったパズル合わせなど盛り沢山。給食も、縦割りクラスで学年の違う友だちと楽しく会食しました。そして、午後はプレゼント交換と、一日、年長さんと触れあい、楽しいひと時を過ごしました。
  •  楽しかったけれど、なんだか少し淋しい気持ちになったのは、私だけかなぁ〜。
  •  ↓年長さんとの“対決”の様子です。
  • コマ対決(ぱんだぐみ)
  • ぞうきんレース(ぞうぐみ)
  • 豆つかみ競争(りすぐみ)
  • ジャバラ折り競争(こあらぐみ)
  • ボタンかけ競争(ばんび・ひよこぐみ)
  • ○Xクイズ
  • ※このほか、文字競争(きりんぐみ)、鉄棒(うさぎぐみ)がありました。

◆ 平成26年3月2日(日)

  •  スミマセン。ご無沙汰してしまいました。
  •  一日入園も終わり、卒園証書もできあがって、今は、皆さんに差し上げるカレンダー作りをしています。
  •  3月ですものね。悲しい別れもあり、嬉しい出会いもあり、3月は大事に過ごしたいなって思います。
  •  明日は、ひなまつり。ステージに飾った全園児のおひな様は圧巻です。
  •  おわかれ会では、ただでは卒園させないぞと年中・年少・満3歳児の子どもたちが年長組の各クラスに挑戦状を渡し、偉大であこがれの年長さんに勇気をもって挑むようです。こちらも楽しみです。

◆ 平成26年2月20日(木)

  •  昨日は、全園児で丘陵公園へ「ソリすべり」に出かけてきました。
  •  丘の上まで何度も何度も登って滑りました。中には、10回以上滑った年長さんもいて大満足だったようです。
  •  「えんちょうせんせい、いっしょにすべろう」と女の子たちが誘ってくれましたので、私も2回滑りましたが、本当に気持ちよかったですよ。雪国ならではの「ソリすべり」、なんだか得した気分になりました。ボランティアの皆さんには、お手伝い大変ありがとうございました。
  •  そして、今日は未就園児保育「わくわくキッズ」がありました。“年長さんと遊ぼう”ということで、ホールで「ネズミのしっぽとり」や「ジャンケンれっしゃ」をやったあと、年長組の教室でお店屋さんごっこを楽しみました。
  •  先日、中学生に優しく遊んでもらった経験を活かし、今日はお兄さんお姉さんになって、小さなお友だちと上手に遊ぶことができました。
  •  今回のお土産は「お花」です。先生たち手作りのラッピングで、とってもかわいい♡と喜んでいただきました。今年度のわくわくキッズは、今回で終了です。一年間、ありがとうございました。

◆ 平成26年2月18日(火)

  •  先週14日に続いて南中の生徒さんが、家庭科授業の一環で手作りおもちゃを持って年長組と遊びに来てくれました。手作りおもちゃは、ダンボールで作った「もぐらたたき」や「魚つり」「ストラックアウト」など、どれも力作でした。
  •  遊んだ後は中学生から歌のプレゼント、すると年長さん、打合せもないのに「アンコール、アンコール」。でも、中学生はしっかりと別な歌で応えてくれましたよ。年長さんも「はじめの一歩」の合唱でお礼をしました。
  •  年の差はありますが、なんだか一体感が感じられてとても気持ちよかったです。南中三年生の皆さん、ありがとうございました。年長さんが、みなさんのような中学生になって欲しいと思いました。
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  • ←これは、年少さんがお母さんと作ってくれたお手紙です。

◆ 平成26年2月16日(日)

  •  昨日の今年度最後の保育参観と絵画展は、結構な雪で足下の悪い中、たくさんの方々にお出でいただきありがとうございました。
  •  各クラス一年間の子どもたちの成長を感じていただけましたでしょうか。お家の方の前で子どもたちは、嬉しそうな笑顔でいきいきと輝いていました。入学、進級も安心してできそうですね。
  •  年長さんとは後1か月ほど、たくさん話して遊んで楽しみたいと思います。

◆ 平成26年2月13日(木)

  •  明日は、いよいよバレンタインDAY。
  •  幼稚園ではチョコレートを食べるだけではなく、バレンタインカードをつくりました。折り紙のようにハートを折ったり、年長さんは英語にも挑戦したり、プレゼントするお友だちの「いいとこさがし」をしたりと、各学年心を込めて作りました。
  •  持ち帰りますので、ご覧くださいね。
  • ←満3歳児
  • ←年少さん
  • ←年中さん
  • ←年長さん

◆ 平成26年2月10日(月)

  •  今日は、市民体育館で「三園交流なわとび大会」を行いました。中島、明幸、長生の年長ぐみが勢揃いし、「なわとび」という身近なスポーツでの交流です。
  •  第一部は、“本物を見る!”ということで、なわとびのプロ、生山ひじきさんをお招きし、なわとびパフォーマンスをやっていただきました。
  •  第二部は、男女の個人なわとび、各クラスの大なわとびで競い合いました。なんと、女子の部では一位から三位まで長生幼稚園が総ナメ。大なわとびも、Bチームでちーたーぐみ、らいおんぐみが同数で一位となり、Aチームではぴゅーまぐみが二位をいただきました。日頃の練習の成果ですね。
  •  第三部は、ひじきさんよりなわとび指導をしていただき、その後記念撮影をして終了。お弁当は、明幸幼稚園のホールで三園一緒にいただきました。
  •  年長ぐみさんの充実した一日でした。

◆ 平成26年2月9日(日)

  •  7日、父母の会から費用の補助をいただき、劇団しらかばの人形劇「おむすびころりん」を楽しみました。
  •  当園職員もなかなか芸達者ではありますが、本格的な舞台装置とさすがプロの人形劇で、子どもたちは目を輝かせ1時間近くを集中して観劇することができました。一年に一回ですが、このような機会を経験でき大変良かったです。最後には、人形さんたちとタッチして部屋に戻りました。
  •  さて、明日は三園交流なわとび大会です。結果は、またお知らせいたします。お楽しみに。お弁当、よろしくお願いいたします。

◆ 平成26年2月2日(日)

  •  おんがくかい、ありがとうございました。寒い中、劇場前に並んでくださった方、ありがとうございました。お子さんの体調をお気遣いいただいた方、ありがとうございました。おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、ありがとうございました。皆さん、本当にありがとうございました。
  •  おんがくかい直前に、インフルエンザや溶連菌、胃腸炎が流行し、残念ながら13名が欠席となってしまいました。でも、欠席した子どもたちも、仲間と一生懸命練習し、気持ちがひとつだったことには変わりありません。きっと、ジャンプできましたよ。
  •  また、アンコールのかけ声もありがとうございました。実は、一応、子どもたちとはひな段上とひな段を降りたパターンを準備していたんです。(少しでもお客さんに近い場所でと考え、前に出ましたが、見えましたでしょうか?)
  •  職員は、私の気づかない細かい配慮まで考えてやってくれましたが、足りない点がありましたらこの場を借りてお詫びしたいと思います。
  •  これまでの練習の過程では、職員の葛藤、意見を言い合い、ぶつけ合ったりしたこともありました。でも、こうして苦しい中でがんぱったことは、必ずまた大きな力になると思います。
  •  平成25年度の四大行事、感謝の気持ちで終了です。

◇ 12月、1月分は、こちらです。→H25年12月.H26年1月分