学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H25年度 | 園長日記 12月(H25).1月分(H26)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成25年12月.平成26年1月

◆ 平成26年1月31日(金)

  •  明日は、いよいよ「おんがくかい」。ご家族皆さんでおいでください。お待ちしています。
  • 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
  •  今日は、最近の園の様子をご紹介しますね。
  •  年長組の保護者の方より木の板をいただきましたので、絵馬を作りました。「サッカーが上手になりたい」「けん玉、がんばります」「しょうがっこうへいったら、べんきょうがんばります」などの願いごとを書き込みました。
  •  ばんびぐみに、とってもかわいい手洗い場がつきました。今まで2階のトイレの手洗い場を利用していましたが、教室に手洗い場ができて、ばんびさんの子どもたちも大喜びです。
  •  年長組の女の子が「あやとり」に夢中です。「えんちょうせんせい、おしえて」と持ってくるので教えてあげると、さすが年長さん、すぐに覚えて見せてくれます。
  •  「えんちょうせんせい、こままわせるよ」と年中さんが見せてくれます。今日は、実習生のつばさ先生と年中組男の子代表の勝負!、なんと年中組の男の子が勝ち!!
  •  ひもごまを回せる子がどんどん増えています。
  •  年長組の女の子の中で、サインをもらうことが流行っています。自由画帳を持って先生たちのサインをもらいに園内をまわります。そこで、ひと言ふた言交わす会話がいいですね。
  • 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
  •  以上です。
  •  明日は、卒園生、入園前の方も、長生幼稚園の子どもたちをぜひ見に来てください。お待ちしています。

◆ 平成26年1月29日(水)

  •  今日、おんがくかいの予行練習が無事終わりました。
  •  今週に入り練習もプログラム通りの本番モードで進めていましたので、今日の予行練習もとても順調に行うことができました。(私的には、今日が本番でもよかったように感じたくらいです。)
  •  各学年のがんばりは、冬季オリンピックよりも一足早い金メダルをあげたいくらいすごいです。特に年長組の子どもたちは、私が園長になった一年目に入園し、色んなことがあった中、一緒に歩んできたこの子たち。顔を見るだけで、歌を聴くだけで泣きそう・・・です。
  •  年中さんも、年少さんも、この一年の成長は、親御さんでなくても感動ものです。この仕事について本当に良かったと思わせてくれる、この感動をくれる子どもたちに、本当に感謝です。当日は、もっともっと色んなところで感動をもらうんだろうなぁ・・・。
  •  さて、今年も一回の感動ではもったいない。年長組の合奏をみなさんの「アンコール」の声で盛り上げていただけませんか。ぜひ、皆様の声で子どもたちを感動させてください。合奏が終わった時に、「アンコール」の声をお願いします。(できれば、このお願いは子どもたちには内緒にしてくださいね。)
  •  ご協力をお願いいたします。

◆ 平成26年1月27日(月)

  •  ご無沙汰してしまいました。
  •  さて、いよいよ今週末土曜日は「おんがくかい」です。最近は、準備に毎日大忙し。
  • ←ついに子どもたちの手も借りてポンポン作りです。
  •  まさに、みんなでつくる「おんがくかい」です。練習も順調、当日をお楽しみに。

◆ 平成26年1月18日(土)

  •  今日、アオーレ長岡へ出かけてきました。
  •  アオーレでは、ペダルのない二輪車を足でこぐ競技「ランニングバイクカップ」が催されていて、年少から年長の子どもたちが速さを競っていました。
  •  私は、このような競技があることを初めて知りましたが、長生幼稚園の年中組の男の子も参加していて、応援しながら楽しんできました。お家の皆さんも一生懸命ですが、何より本人の「負けないぞ」という気持ちがとても感じられて、良かったです。
  •  アオーレではたくさんの催しが計画されていて、フラ〜と行っても楽しめそうですね。(おいしいものも、たくさんありましたよ。)

◆ 平成26年1月16日(木)

  •  前回から少しご無沙汰してしまいましたが、園は「おんがくかい」練習一色の時期となりました。各学年それぞれ集中力や興味の持ち方も違うため、先生たちは指導者と工夫しながらやっています。私はというと、日に日に上手になっていく様子を見て、楽しませてもらっています。
  • ←今日、年少ぐみの女の子が「えんちょうせんせいに」と持ってきてくれた手作り絵馬です。“えんちょうせんせい”と書いてあって、ちょっとビックリしました。ありがとうね。

◆ 平成26年1月8日(水)

  •  今日は1月生まれのお誕生会、今回の「ものしり博士」は『絵馬(えま)』を選びました。「見たことあるけど、名前がわからない」って子どもたちでしたが、今日はしっかりと覚えて帰りましたよ。
  •  お誕生会の後、年少組のお母さんが、昨日の七草のことをお家で話してくれたんですよとお話くださいました。年少さんがしっかりお話を聞けるようになったんだなあーと、とても嬉しく思いました。
  •  現在、ホールにブルーデイジーのプランターを置いていますが、どうしてもボールなどがぶつかって枝が折れてしまうことがあります。どうしようかなと見ていたら、年少組の男の子2人がそばに寄ってきて「えんちょうせんせい、どうしたの?」と聞いてくれました。
  •  「お花にボールがぶつかって枝が折れちゃってね」と言うと、「そしたら、こうやって」とダンボールで囲むことを提案してくれました。しっかりした解決方法をその場で提案してくれたことに頼もしさを感じ、とっても嬉しくなりました。

◆ 平成26年1月7日(火)

  •  園の平成26年は、今日がスタートです。こどもたちが元気に「えんちょうせんせい、あけましておめでとう」と、登園してきました。今日はこの時期にはめずらしい晴天、青空に太陽がキラキラしていて、新年のスタートとしてふさわしい一日でした。
  •  今日の集会では、1月7日ということで「春の七草」のお話をしました。七草を今日食べると一年元気に過ごせるんだよとお話しましたら、早速、栄養士さんが「七草すいとん汁」を作ってくれました。お陰で全員が元気に過ごせそうです。
  •  今日の朝は、厳しい冷え込みでした。園の池には氷が張っていて、こあらぐみさんが嬉しそうに氷をさわって「つめたーい!」と歓声をあげていました。
  •  私、園長からの“お年玉”も喜んでもらえてよかったです。

◆ 平成26年1月2日(木)

  •  今日のウォーキングのお土産は、マツボックリ。昨夜からの暴風で振り落とされたようです。
  •  雪がないのはありがたいですが、毎夜の雷と風には、植物たちも大迷惑でしょうね。

◆ 平成26年1月1日(水)

  •  新年あけましておめでとうございます。
  •  皆様、どんなお正月をお過ごしでしょうか。今年はそれほど雪もなく、私は元旦朝よりウォーキングを楽しみ、長岡の街を望める土手で「ヨッシャー、スタートだ!」と気合いを入れてきました。やはり私にとって平成26年も、幼稚園一色になりそうです。
  •  下の写真はウォーキングの際に見つけたもので、題して「もう???」です。
  •  本年もどうぞよろしくお願いいたします。

◆ 平成25年12月26日(木)

  •  今日は、この時期にはめずらしい、とっても穏やかな良い天気でしたね。特別保育の子どもたちも園庭で元気いっぱい遊んでいました。その時、一人の男の子が「えんちょうせんせい、こっちきて」と言うので行ってみると、ハナミズキの枝が折れていました。春には開くであろうつぼみをいっぱいつけて・・・。
  •  私が「誰だろう。もうー」と言うと、そばにいた男の子が「あっ、トナカイの角だ」って言うんです。「本当だ!」折ったのは誰なんだと腹を立てていたのに、その一言で「まぁ、いっかー」と思っている自分に笑ってしまいました。
  •  子どもってすごいですね。枝がトナカイの角ですよ。発想が最高です。
  •  もう一つ、理事長先生が子どもたちに持ってきてくれた里いもですが、「何に見える?」「ミッキー」に見えるかな?
  •  奥様がこの〝ミッキーのような里いも〟を見つけたそうですが、里いもがミッキー、この発想もかわいいです。
  •  上の枝もそうですが、素直な気持ちで、ゆとりを持ってモノに接して見ると、いろんなものに見えてくるものなんですね。

◆ 平成25年12月24日(火)

  •  今日で一応平成25年の保育も終わりました。(特別保育は27日まであります。)
  •  平成25年は、私にとって色んなことがあった一年でしたが、子どもたちから元気をもらい、毎日笑顔で過ごすことができました。平成26年も変わりなく過ごしたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。
  •  皆様、よいお年をお迎えください。

◆ 平成25年12月20日(金)

  •  「クリスマス会の時にサンタさんがプレゼントしてくれたティッシュボックス、園長先生は大人だからもらえなかったんだけど、どんなティッシュボックスだったの?」と子どもに聞くと、紙にサンタさんの模様がついてたよって教えてくれました。「本当?」って言うと、一人の男の子が「あしたもってきて、えんちょうせんせいにあげるから」って。
  •  そして、今日、小さく折りたたんだティッシュを一枚「はい、これ」って、昨日の約束を忘れずに持ってきてくれました。私は忘れていたのに…。「ちょっとしわしわになっちゃってごめんね」ですって、喜びが倍増。なんて子どもってかわいいんでしょう。心がほんわかあったかくなりました。

◆ 平成25年12月18日(水)

  •  今日は、クリスマス会がありました。子どもたちがそれぞれ作った帽子とバッグをみんなに紹介し、先生たちの出し物「マジックショー」と「ブラブラシアター」を見て、サンタさんが登場! 一緒にダンスをして楽しみました。サンタさんからは、クリスマス模様のティッシュボックスをもらいました。お家で使ってくださいね。
  •  その後は、各クラスでケーキ作り。スポンジケーキにクリームとフルーツをのせて、スプレーチョコレートをふりかける簡単なものですが、子どもたちは本当に楽しそうにやっていましたよ。
  •  サンタさんがメガネをかけていたら、「りじちょうせんせいだ!」と年長ぐみさんが勘違い。理事長先生に事情を話してホールに出てきてもらうと、「あれ〜〜?」とびっくりしていました。
  • ====================================
  • ◎ 越本先生が、12月7日に無事出産されました。3484gの女の子です。おめでとうございます。

◆ 平成25年12月12日(木)

  •  枝についたミカンを、保護者の方からいただきました。しいたけと一緒に玄関に飾ると、玄関が食欲をそそる場となりました。
  •  Enjoy English でジェシー先生がサンタさんになって登場! クリスマスカードをみんなで作りました。
  •  きりんさんが「しいたけ」を大事に大事に収穫し、給食に入れてもらいました。まだまだあって、「えんちょうせんせい、しいたけ、おおきくなったよー」と毎日呼びに来てくれます。
  •  そして、今日は「もちつき」。4人のお父様がお手伝いに来てくださいました。蒸したもち米を、“めつぶし” した後、お父さんたちが力強くつく姿はとってもすてきでした。つきあがったもちは、びっくりするほどおいしかったです。
  •  年長さんは、一人一人きねを持ってついてくれましたが、なかなか重くて、顔をまっかにしてお父さんに負けじと張り切ってやってくれました。

◆ 平成25年12月9日(月)

  •  今日は、年長組対象の「博物館の先生がやってきた〜氷の実験 第一弾」がありました。
  •  氷をたこ糸でつり上げたり、氷の虫メガネを作ったり、氷の結晶を見たり、子どもたちは2時間近くを集中して実験を楽しんでいましたよ。この集中力には、正直驚きでした。
  •  子どもたちが興味を持って実験に参加できるようご配慮いただきました加藤先生、大変ありがとうございました。

◆ 平成25年12月6日(金)

  •  本日は、年長組の「おもてなしかい」にたくさんの方にお出でいただきまして、ありがとうございました。急なお誘いでご都合の悪い方もいらっしゃったようですが、お出でいただけなかった方には申し訳なく思っております。
  •  子どもたちは、自分たちで収穫した白菜をちぎったり、大根を切ったりと、自分ができる“おもてなし”を、みんなでがんばりました。
  •  先日、白菜と大根を持ち帰った際には、おでんや鍋などで食べていただいたようで、子どもたちが嬉しそうに話してくれました。「○○ちゃんが採った大根だから」「○○ちゃんが育てた白菜だから」などの言葉がけが、子どもたちにとって、おいしさや嬉しさを倍増させたようです。
  •  いつも園の企画をお家の方が一緒に楽しんでくださることが、職員にとっては本当に嬉しいことです。ありがとうございました。

◆ 平成25年12月4日(水)

  •  幼稚園に、保護者の方がくださった「しいたけ」の原木が2本やってきました。本当にありがとうございます。
  •  今は小さな〝赤ちゃんしいたけ〟が顔をのぞかせていますが、これが袋に入ってスーパーで売っているような立派な「しいたけ」になって、次から次へとニョキニョキ出てきたら、子どもたちもビックリ、楽しいでしょうね。
  •  金魚やコイ、鈴虫と、子どもたちに本物を!と持ってきてくださる保護者の方々に感謝です。園にお出での際は、子どもたちと一緒に見て、楽しんで、感動もしてくださいね。
  • ←これは、年長組の女の子からもらった(作ってくれた)〝手作り絵本〟です。

◆ 平成25年12月2日(月)

  •  ある日、職員室で古切手を切り取っていると、一人の年長組の男の子がやってきて「えんちょうせんせい、なにしてるの?」と聞いてきました。
  •  「古い切手を集めてね、世界の人で困っている人や病気になっても注射できない人に注射させてあげたり、薬を用意してあげたり、役に立つんだよ」と言うと、「へぇー」と部屋を出て行きました。
  •  次の朝、その子が「えんちょうせんせい、これ」って、古切手2枚と使ってない切手を差し出しました。
  •  「あれ、○○くんも持ってきてくれたの?」
  •  「うん、おかあさんからもらったんだけど、どっち?」
  •  「こっちをもらうね。こっちは、またお手紙に貼って使ってね」って言うと、使用していない切手を大事そうに持ち帰りました。
  •  職員室でのほんの少しの会話が、○○くんの心に残ってお家でお母さんとのやり取りになったこと、そして、役に立つということを理解してくれたことに、とても成長を感じました。本当に嬉しい、園の一コマでした。

◇ 10月、11月分は、こちらです。→H25年10月.11月分