学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H25年度 | 園長日記 10.11月分(H25)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成25年10月.11月

◆ 平成25年11月27日(水)

  •  今日は、畑で年長さんと白菜と大根を収穫してきました。
  •  昨年は雪の下になってしまい収穫できず、悔いの残る野菜作りでしたが、今年はバッチリ!! 白菜も大根も良いタイミングでの収穫となりました。
  •  まずは、子どもたちが「大根抜き」にチャレンジ。でも、なかなか抜けません。子どもたちの必死な顔を見ながら〝これはいい〟って思っていたのは私だけ? スーパーでしか見ない大根を自分で土の中から抜く感覚は、子どもたちの大切な経験になったことと思います。
  •  年長さん一人一人が大根と白菜を持ち帰りましたが、どんな料理に変身したかな・・・。想像しながら、ひとりでニヤニヤしています。

◆ 平成25年11月23日(土)

  •  今日は「おゆうぎかい」、ありがとうございました。
  •  どのクラスも、どの場面も感動的で、私泣きそうでした。
  •  今朝、先生たちには、「自分がやってきたことに自信を持って、子どもたちの力を信じていきましょう」ということを話しました。私はステージの脇で幕を持ちながら見ていましたが、ステージ上では色んなドラマがありました。演出家の先生たちは、「もう少し」と思うところも多々あったんだろうと思います。そんな先生たちの気持ちも、ひしひしと伝わってきました。
  •  小道具の栗や魚がステージから落ちてしまった時、拾ってあげたかった、でもそのままで進行したことの意味は、子どもの力を信じた先生たちの気持ちなんです。子どもたちそれぞれに、見えないドラマもたくさんあったのだと思います。
  •  応援、本当にありがとうございました。〝子どもたちの今〟を楽しんでいただけましたでしょうか。

◆ 平成25年11月22日(金)

  •  明日は、いよいよ「おゆうぎかい」です。
  •  リハーサルが終わってから、先生たちは、よりいっそう力が入ったようです。毎日の練習で、演じること、踊ることが嫌になっちゃった子もいたかも知れません。でも、「おゆうぎかい」が終わった時には、みんな〝やってよかった〟って思えると思います。
  •  お家の方には、どうぞ、大きなあったかい拍手をよろしくお願いいたします。

◆ 平成25年11月19日(火)

  •  先日の「もみじ」と「かえで」のお話以来、子どもたちが登園の際に、本当にたくさんの落ち葉をひろって持ってきてくれます。
  •  両手に持ちきれないほどの落ち葉を「ハイ! えんちょうせんせい」と持ってきてくれる子や、お母さんがやってくれたのかな、一枚の「もみじ」をラップで包んで大事に持ってきてくれた子もいます。とっても嬉しいです。これらの落ち葉は、セロテープでとめて廊下の壁に貼ってあるのですが、残念なことに、みんな乾燥してカサカサ、クルってなってしまいます。
  •  子どもたちと感じる秋は、もう少し続きそうです。
  •  さて、昨日、今日と、おゆうぎかいのリハーサルを行いました。当日まであと少し、どうぞ、お楽しみに。とーても、すてきですよ。

◆ 平成25年11月14日(木)

  •  連日雨でどうなるかと思っていた七五三の平潟神社への参拝も、青空の下、行ってくることができました。
  •  神社へ到着すると、まずは手を“手水”で清めて神社の中へ。神主様よりお祓いをしていただき、ありがたいお話「どんなところにも、どんなものにも神様がいてくださる。大切に思うこと、感謝することを忘れずに。」とお話しくださいました。それから、下の写真のような当幼稚園のキャラクター「ジャンピン、アッピン」のシールが付いた風船とアメをいただき、子どもたちは大よろこびでした。(自分たちで作った「あめ袋」はいかがでしたでしょうか。)
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  • ◎毎年、総合学習の職場体験で幼稚園を選び、当園に来る中学生がいます。先日、今年の中学生の一人が書いた「体験記」が新聞に掲載されました。
  •  「絵本の読み聞かせをしたり子どもたちと遊んだことで、先生という仕事は人の未来を見守り、人のために尽くす仕事なのだと改めて感じました」という内容でした。
  •  担任の先生より、掲載された新聞のコピーと丁寧なお手紙をいただき、嬉しさはもちろんですが、私自身もこの仕事の大切さを改めて感じ、また、身が引き締まる思いもしました。
  •  これからもお役に立てるのであれば、ぜひ協力したいと思います。

◆ 平成25年11月13日(水)

  •  今日は、動物愛護協会の「動物ふれあい会」が、年長さん対象で行われました。
  •  まず、犬についての知識やふれあい方を教わり、その後ホールにて、種類も大きさも違ういろいろなワンちゃんと直接ふれあいました。
  •  こわくて側に寄れない女の子もいましたが、勇気を出して大きいおとなしいワンちゃんに、私と一緒に触れてみると、その子は自信がついたようで、それからは自分から次々と色んな犬のところへ行ってふれあっていました。
  •  園には、魚やカメ、ザリガニと、生き物がたくさんいます。どんなに小さくても、種類が違っても、いろんな生き物から「命の大切さ」を、子どもたち自身が感じて欲しいと思います。
  • ←本文には関係ありませんが、園児が持ってきてくれました。

◆ 平成25年11月9日(土)

  •  畑、見てきました!
  •  白菜は、見事に虫が食べていました。虫が食べるほど安全といいますが・・・。収穫までもう少しお待ちくださいね。
  •  大根は、とってもよく太っていました。ぬいて食べるにはちょうどよい頃合いかも知れませんが、こちらももう少しお待ちください。

◆ 平成25年11月6日(水)

  •  ハロウィンの日、私は「もみじ」と「かえで」の葉の違いを子どもたちに話しました。すると、子どもたちは、紅葉した色々な葉っぱを私のところに届けてくれるようになりました。
  •  ある年中の男の子は、公園でひろった一枚の葉っぱを「ばらばらになっちゃった」と残念そうに持ってきました。私と一緒にセロテープで“合体”させると、嬉しそうに友だちを呼んで自慢げに見せていました。
  •  葉っぱの中には、紅葉の途中なのか、色が見事にわかれているものもあったりして、子どもたちと秋を楽しんでいます。
  •  昨日は、わくわくキッズのクッキング。スイートポテト作りを楽しみました。子どもたちのエプロンは、先生たちの手作り。写真のものとドット柄との2種類あり、とってもかわいく似合っていましたよ。
  •  玄関の給食献立iPadも、なかなか好評です。12時から18時半頃まで玄関に置いてあります。どうぞ、ご覧ください。

◆ 平成25年11月1日(金)

  •  来年の春のため、花壇にパンジー、ビオラ、それから、定番のチューリップを植えました。チューリップは、年長ぴゅーまぐみさんにも手伝ってもらい、「ちゅーりっぷ」?の歌のように“あか、しろ、きいろ、ピンク”の4色を植えました。
  •  「この花が咲く頃は、みんな、1年生だね」と私が言うと、一人の女の子が帰り際に「えんちょうせんせい、○○ちゃんね、しょうがっこうへいってもあそびにくるよ。ともだち、いっぱいつれてくるからね」って・・・。涙が出そうになりました。言葉にしなくても人の気持ちがわかるようになったんだって、成長がとても嬉しかったです。
  •  ===<お知らせ>===
  •  その日どんな給食だったのか見ていただけるように、当日の給食を、iPadにて玄関に展示することにいたしました。お楽しみに。

◆ 平成25年10月31日(木)

  •  今日は、ハロウィンパーティーでした。
  •  手作りのマントやハットを身につけ、バッグを持ってホールに集まり、まずは各クラスの衣装紹介やハロウィンクイズを楽しみました。それから、ご近所のお宅にお邪魔して「トリック オア トリート」と言って、キャンディやお菓子をもらって帰ってきました。
  •  私も、子どもたちに負けじと魔女に変身!。顔も声も私なのに「あのまじょは、えんちょうせんせい?」と聞いてくる子どもたちがかわいくてかわいくて。
  •  快く引き受けてくださいましたご近所の皆さま、ご協力ありがとうございました。日頃から園児を受け入れ、見守ってくださることに感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
  • ←“えんちょう魔女”と子どもたち

◆ 平成25年10月28日(月)

  •  今日は、長生、中島、明幸幼稚園、3園の交流会を富曽亀公園で行いました。長生幼稚園代表3名の選手宣誓でスタート。気合いの言葉を発表しあった後は、玉入れ、リレーで3園が競い合いました。長生は、玉入れは何度も練習したにもかかわらず完敗・・・、でも、リレーは全勝。結局、3園それぞれが2ポイントずつ獲得し、仲良く引き分けでした。
  •  3園は姉妹園なのですが、普段はなかなか一緒に活動することがありませんので、子どもたちにとっては、将来、小・中・高校など、どこかで出会うかも知れない仲間とのよい思い出作りができたと思います。
  •  先生たちはというと(私も含め)、実はひそかに全勝をねらっていたのですが・・・
  • ※動画もアップしましたので、ご覧ください。

◆ 平成25年10月24日(木)

  •  今日は豚汁えんそくの予定でしたが、残念ながら不安定な天気のため断念。園内で全園児が6チームに分かれて「幼稚園にある! ない! クイズ」をしました。
  •  年少から年長の年齢差を心配しましたが、年長組が上手にリードしてくれて、「○○は幼稚園にあると思う人〜〜、ないと思う人〜〜」と多数決をしてクイズに答えたり、移動の際には小さい子の手をひいてくれたり、ほほえましい姿をたくさん見せてもらいました。
  •  そして、お昼には、もちろん“豚汁”とおにぎりをおいしくいただいて、午後からは「着ぐるみ動物をさがせ!! 逃走中プラスかくれんぼ」。雨で出かけられなかったことすら忘れてしまうほど楽しい一日でした。

◆ 平成25年10月21日(月)

  •  今日は、年長さんと電車に乗って長岡駅→小千谷駅まで行ってきました。それから、園バスで白山運動公園へ。
  •  電車の中では子どもたちの会話がはずみ、「○○くんのいえ、みえるかな?」「このでんしゃ、まえにのったことある」・・・、ついつい声も大きくなって、先生たちに「静かに! ほかにお客様がいますよ」と注意を受けていました。公共の場所でのマナーもしっかり教わりました。
  •  白山運動公園では、長〜いスベリ台を楽しみ、体を思いっきり動かした後、おいしいお弁当をいただきました。青空の下、お弁当のおいしさも格別でした。
  •  そしてそして、帰りにはみんなの畑へ立ち寄り。白菜を虫に食べられないように、葉っぱについた虫取りをしてきました。
  •  年長さんは今日も一日盛り沢山、私も一日楽しみました。(スベリ台の階段、何段あったのかなぁ−。最後は年長さんの女の子に手を引いてもらっちゃいました。)

◆ 平成25年10月17日(木)

  •  今日は朝一で、年長さんと野上米穀さんへ見学に行ってきました。作業場の中で、お米ができるまでの過程などを見せていただき、事務所では、精米の過程を“お米のぬいぐるみ”や本物のお米でわかりやすく説明していただきました。
  •  作業場の中にはすごい量の米袋があってビックリ。この半分は一日でなくなると聞いて、またビックリ。さすが、米どころ日本!! を実感しました。精米の機械はフル稼働で、各地の米が混ざらないように精米されていて、その様子を見ながら私の頭の中も、みんなで育てている白菜と今日いただいたお米で“おにぎりパーティー!!”と、フル稼働でした。
  •  野上米穀さんを辞して、私は、その足で年少さんのおでかけDAY、ちびっこ広場へレッツゴー。一般の方もいられましたが、年少さんたちは思っていたより上手に遊んでいて感心。帰る際も、ぬいだ靴下を誰の手も借りずに全員が履いたことに感心(夏のはだし保育の成果かな?)、「皆さん、これがうちの年少さんです!」と、ちょっと鼻が高かったです。
  • ←野上米穀さんにて〜その1
  • ←野上米穀さんにて〜その2
  • ←野上米穀さんにて〜その3
  • ←年少さん、ちびっこ広場にて

◆ 平成25年10月16日(水)

  •  今日は、未就園児保育「わくわくキッズ」がありました。台風のため、雨風がどうなるか心配していましたが、みんな元気に来てくれました。ネコのお面・マントをお母さんと一緒に作って、園内を“トリック オア トリート”と、お菓子をもらいにまわりました。とっても楽しそうでした。次回11月はクッキング、また待ってるよ。
  •  もう一つ。脱皮したザリガニ、脱皮とわからず「ザリガニがお亡くなりに・・・」と慌てた職員がおりました。(笑)
  • わくわくキッズの様子
  • わくわくキッズの様子
  • ←脱皮したザリガニ(横たわっているのが抜け殻です。)

◆ 平成25年10月11日(金)

  •  昨日、年中さんの「おでかけDAY」で水道公園まで行ってきました。
  •  私は都合で一緒に歩けませんでしたが、年中さんは片道50分かかった道のりを、途中姉妹園の中島幼稚園の子どもたちに応援してもらいながら土手を歩きぬいたそうです。私は水道公園で合流して、一緒に水道タワーの中を見せていただきました。子どもたちにわかりやすいようにと説明してくださいました小林さん、ありがとうございました。
  •  川風を感じながら木陰でお弁当を食べ、公園でたっぷり遊びました。丘の上から手を使わずにお尻ですべって競争する遊びは、年中さんが考えた遊びです。“子どもって、やっぱり遊びの達人、スゴイ!!”なってつくづく感じました。
  •  これからの年少、年長さんのおでかけDAYにも参加させてもらい、また子どもたちのスゴさを再発見したいです。でも、10月はお弁当作り、大変です。給食のありがたさ、感じてまーーす。

◆ 平成25年10月8日(火)

  •  今日、菜飯を食べましたよ!
  •  昨日採った大根菜を、玉子としらすを入れてご飯を混ぜて、おにぎりにしました。「えんちょうせんせい、おいしい」と、もりもり食べてくれて嬉しかったです。
  • (昨日のアルビレックスサッカー教室と畑での様子を動画アルバムにアップしましたので、どうぞご覧ください。)

◆ 平成25年10月7日(月)

  •  今日は、午前中、アルビレックス新潟サッカー教室が行われ、年長組が指導を受けました。一人一人がボールを持ってボールに慣れるところから始まり、最後はゲーム形式で楽しみました。コーチの方とは一緒に給食を食べてすっかり仲良くなり、「また来てね」と見送りました。
  •  そして、午後からは畑へ。子どもたちは大きくなった白菜の葉をめくり、自分のネームプレートを確認。「いたい!!」、白菜の葉にあるトゲにびっくりしていました。混み合った大根を間引くと思いのほか大量の大根菜が採れ、急遽幼稚園の玄関で販売することに…、お陰様で完売でした。売り上げは、赤い羽根募金へ寄付させていただきます。明日は、子どもたちと大根の葉で菜飯のおにぎりを作ります!
  •  忙しい一日でしたが、子どもたちは笑ったり、驚いたり、発見したり、とっても楽しそうでした。

◆ 平成25年10月6日(日)

  •  明日月曜日は、年長さんが、混み合ってきた大根を間引きに畑へ行くことになっています。その前に様子を見ておこうと、畑へ行ってきました。
  •  白菜も大根も見事に大きくなっていてびっくりです。明日、間引いて摘んだ大根は、みんなのお腹の中へ入る予定です。
  • ←白菜
  • ←白菜のアップ。これから中心が玉になっていきます。
  • ←白菜と大根が交互に並んでいます。

◆ 平成25年10月5日(土)

  •  今日の敬老参観には、大勢のおじいちゃん、おばあちゃんにお出でいただきまして、本当にありがとうございました。
  •  お出でになるのを今か今かと楽しみに、玄関でウロウロしている子がいたり、自分ちは来れなくても、友だちのおじいちゃん、おばあちゃんと仲良く話している子がいたり、子どもたちはとても嬉しそうに過ごしていました。
  •  近年は核家族化のためか、おじいちゃん、おばあちゃんと話をしたり、一緒に過ごすことが少なくなった子どもが増えているようで、少し残念な気がしています。今日のように、大勢のおじいちゃん、おばあちゃんと触れ合える敬老参観は、子どもたちにとって大変良い機会だと思います。世代を越えて一緒にいるだけでも、それぞれが教え合うことがあるはずですから。
  •  11月下旬には、敬老おゆうぎかいもありますので、是非またお出でください。お待ちしております。
  • (おじいちゃん、おばあちゃんと年齢が近い私も、早く孫が欲しくなりました。どんなにかわいいでしょう・・・)

◇ 8月、9月分は、こちらです。→H25年8月.9月分