学校法人 長生学園 認定こども園 長生幼稚園・まんまる

HOME | TAKE園長の日記コーナー | H24年度 | 園長日記 6.7月分(H24)

更新日 2016-11-02 | 作成日 2016-11-02

TAKE園長の日記 平成24年6月、7月

◆ 平成24年7月27日(金)

  •  おとまり保育、2日目も無事に終わりました。保護者の皆様には、おとまりの準備など、いろいろとありがとうございました。
  •  今日は姉妹園3園の交流会でした。明幸、中島幼稚園の年長さんと悠久山の公園でオリエンテーリングを楽しみ、昼食は長生幼稚園で一緒に食べました。姉妹園と言いつつも、なかなか交流する機会もありませんので、このおとまり保育の2日目はとっても意味ある機会だと思います。
  •  今の世の中、まわりに少し気の合う仲間がいたらそれで良いと思う人が多いように感じますが、私は多くの人と会話し、付き合うことが、その人の成長の糧になると考えます。
  •  子どもたちは、最後には「またきてね」「こんど、あそびびにいくよ」と、見送っていました。
  •  保護者の皆様にとっては、なんだか穴があいてしまったような2日間だったのではなかったですか? 生まれて初めて親の元から離れてのお泊まり、お互いの存在の大きさをしっかりと感じたのではないでしょうか。

◆ 平成24年7月26日(木)p.m.22:00

  •  おとまり保育初日、終了!
  •  今回のおとまり保育の目標は、
  • 1.自分でできることは、自分でやる!
  • 2.できないことや困ったことは、言葉で伝える。
  •  と、子どもたちに話しました。
  •  今日の様子からは、このどちらも子どもたちががんばっていることが伝わってきました。色々なことにチャレンジしたり、経験したり、子どもたちは本当に生き生きと活動していましたよ。
  •  楽しいときは笑い、困ったときには半べそかいて、子どもらしさってこういうことなんだろうなってつくづく思います。
  •  動画も間もなくご覧いただけるかと思います。もう少しお待ちくださいね。
  •  明日は半日ですが、感動的にフィナーレを迎えるのかな。おやすみなさい。グ〜〜、グ〜〜

◆ 平成24年7月25日(水)

  •  今日から夏季特別保育がスタートするにあたり、私は目標をひとつ立てました。それは、毎日必ず子どもたちにお話を読み聞かせをすること。夏休みの間、何冊読めるかな? ちなみに本日の1冊目は、「えっちゃんせんせい」でしたよ。
  •  それから、今日子どもたちと一緒にお弁当を食べていたら、一人の女の子が「えんちょうせんせい、ほらっ」とカッパのようじを見せてくれました。すると、もう一人、「わたしも、ほらっ」って。カッパ1号、2号がそろって、私一人大喜びでした。初日から、私、わくわくしています。明日は、年長組のおとまり保育。も〜、わくわくして寝られないかも知れません。

◆ 平成24年7月24日(火)

  •  明日から夏休みです。そして、夏季保育が始まります。
  •  今日は、全員ホールに集合して、先生から「なつやすみ せいかつひょう」の説明を聞き、明後日にある「おとまり保育」に向けて年長さんにエールを贈りました。
  •  夏季保育は、異年齢保育で行うため、今まで話したことのない友だちと話したり、遊んだりする良い機会で、いろんなことを影響し合う成長の時となります。
  •  また、園と少し離れ、家族とゆっくり過ごすのも良いと思います。お盆などで親戚の方やお客様と会って話すこと、これも子どもたちの成長には大事な経験となります。
  •  みんな、それぞれの成長を見せてくれるんだろうな。休み明けが、今から楽しみです。
  •  その子らしく、その家族らしく、2012 夏、お過ごしくださいね。

◆ 平成24年7月17日(火)

  •  海へ行ってきましたーー!!
  •  心配していた天気、昨日の猛暑、頭の中は「熱中症」の3文字が・・・。でも、海からの風と、太陽がかくれんぼしていてくれたため、まあまあの暑さの中活動でき、良かったです。ほっとしました。
  •  水族館は、見る魚見る魚に「ワァー」と歓声をあげる子どもたちで、とってもにぎやかでした。海の日、海で過ごした子どもたちも多かったようですが、幼稚園の仲間と出かけた海も楽しんでくれたようです。
  •  サポートメンバーさん、お手伝いありがとうございました。

◆ 平成24年7月12日(木)

  •  今日は、年中・年長組の希望が丘プールの日でしたが、雨のため中止になりました。でも、雨の具合を見ながら園のプールを楽しみましたよ。
  •  そしてまた今日は、「わくわくキッズ」の夏まつりでした。魚つりやひもくじ、色合わせ、迷路と、親子でチャレンジして楽しんでくれたようです。
  •  今回は定員があり参加できなかった皆さん、次回お待ちしています。

◆ 平成24年7月10日(火)

  •  今日は、年中組が「じゃがいも掘り」に出かけてきました。
  •  始めは恐る恐る掘っていた子どもたちでしたが、じゃがいもが見え始めると手の汚れも気にせず、夢中でどんどん掘り出しました。
  •  できれば“大きなじゃがいもを!!”と比べっこする姿が見られましたが、意外にも、小っちゃいじゃがいもも人気でした。
  •  採ってきたじゃがいもは、全園児でいただきまーーす。

◆ 平成24年7月5日(木)

  •  昨日はプール開き、今日は七夕集会でした。
  •  昨日のプール開きでは、プールあそびをする時の約束事を確認して、“日和神主様”によるおはらいをしました。その後、年少さんがプールに入って水あそびを楽しみましたが、少しつめたい水に歓声をあげる子どもたちでした。
  •  そして今日は、少し早い七夕集会。またまた私が仰せつかったのは、七夕“以外”の話を子どもたちに!! とのこと。そこで今日のお話は、「星はなぜ光るのか」子どもたちにわかりやすく簡単に話したつもりですが、わかったかな?
  •  その後、子どもたちは仲良しチームで七夕かざりを作ったり、給食を食べたり、おまけに映写会。もりだくさんの楽しい集会でした。
  •  でも、中ではとんだハプニングも。映写用の機械が故障し、年長さんは半分しか見られず、明日へおあずけとなりました。年長さん、ごめんね。明日をお楽しみに。
  • ※ 今日は、年中・年少さんはブールに入れず、すみませんでした。

◆ 平成24年7月3日(火)

  •  今日は、バスのおじさんと七夕の笹(竹)取りです。今年は笹(竹)の状態がよくなく、使える三本をおじさんがやっと見つけて来てくれました。
  •  今回は葉っぱが枯れないように、おじさんたちがナイショのひと工夫。さて、どうでしょうか。
  •  幼稚園の玄関が賑やかになりました。

◆ 平成24年7月1日(日)

  •  今日は、長生幼稚園の「ぞうけいてん・バザー」でした。大勢の皆様にお出でいただき、心配しました天気もポツポツと雨が当たる程度で終了の時間を迎えることができました。
  •  今年度より絵画を冬に展示することにしましたが、それを感じさせないほど子どもの作品がより輝き、各学年にぎやかで楽しい展示だったと思います。また、バザーも、役員のお母様方のチームワークで全て完売で終了できました。役員以外のサポートの皆様のお力も大変ありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
  •  来園いただいた皆さんも、バザーのお手伝いの皆様も、笑顔で一日過ごしていただき、そのことがとっても嬉しいです。
  •  それから、転園された方や卒園された方も大勢来園してくださいました。離れても長生幼稚園を忘れずにいてくださることが、私は何よりもありがたいです。末永くお付き合いを!! また職員一同お待ちしております。
  • ※写真は、前日の役員さんの準備の様子です。

◆ 平成24年6月23日(土)

  •  私事ですが、本日は51歳の誕生日でした。今日は休園でしたので、昨日、子どもたちから心のこもったお手紙をたくさんもらいました。「あ〜、この仕事をしていてよかった」とつくづく思っています。(昨年も同じようなことを書いたような・・・)
  •  そして今日は、誕生パーティーをする予定もなく義母の畑の玉ねぎ掘りをしました。そこで51歳にして玉ねぎについて発見したことがあります。玉ねぎの玉の部分は、土の中ではなかった!! 土の上の部分でふくらみ、玉になること、恥ずかしいですが、初めて知りました。
  •  もちろん今日の夕食は、玉ねぎを丸ごと入れたスープです。自然の恵みよ、ありがとう!!

◆ 平成24年6月15日(金)

  •  幼稚園の花壇に咲くラベンダーを、今年も金井先生とぱんだぐみさんが収穫してくれました。すてきな紫色と癒される香りで、幸せ気分をいただきました。

◆ 平成24年6月14日(木)「カラスと戦う!!」

  •  いつも南側の池にカラスが1羽やってきて水浴びをしたり、金魚をくわえていってしまったりと悪さをします。
  •  最近は金魚もいなくなり、カメとメダカが少しいるだけとなってしまいました。池の汚れも気になっていたので先生たちと掃除を行い、水草を入れ、“カラスよけ”として釣り糸を張りました。これで大丈夫と思いきや頭の良いカラスは、釣り糸をすり抜けてまたバシャバシャと水浴びを・・・。残念ながら第1ラウンドは負けました。
  •  これからもカラスとの戦いは続きます。

◆ 平成24年6月13日(水)

  •  先週9日(土)に父母の会総会、保育参観、小学1年生への卒園アルバム渡しがありました。
  •  今年度初の参観、土曜日ということでお父さん、お母さんと大勢の皆さんに参加いただきました。お子様を暖かく見つめる保護者の皆さんの笑顔に、私は癒されていました。
  •  午後のアルバム渡しも、卒園してほんの2か月ですが、みんな元気さはパワーアップされたものの、かわいい子どもたちのままでした。遠くは静岡、群馬よりはるばるとこの日のためにお出でくださった方もいらっしゃって本当に感謝です。
  •  そして、その会の途中、私が向かったのは、20年前に担任した男の子がピアノリサイタルをする会場でした。数ヶ月後、ドイツへ留学するのだそうです。容姿はりっぱな青年でしたが、変わっていないところを一つ見つけました。それは指です。小さい時から指が長くスーッとしていたのを覚えていました。鍵盤をひく指は大きくなっていても、まさしく5歳のままの“たくちゃん”でした。

◆ 平成24年6月6日(水)

  •  今日は、丘陵公園へ園外保育に出かけてきました。お昼頃には雨が降るのかなぁ?と心配しましたが、「まぁ、行くだけ行ってみよう!」と行ってみると雨ひとつあたることなく全園児で楽しんできましたよ。
  •  バラを見たり、遊具で遊んだり、年長ぐみは小枝や葉っぱをひろって満喫していました。園内だけでなく園外で過ごすことで、気持ちも解放され、自然と笑顔になるんですね。
  •  今回もサポートさんがとってもよく動いてくださいました。先生たち全員が感謝しておりました。年少さんにとっては初の園外保育を、ケガやトラブルなく楽しめたのは、サポートさんのおかげです。ありがとうございました。

◆ 平成24年6月5日(火)

  •  昨日4日は、アルビレックス新潟ベースボールクラブの4名の選手が来園し、子どもたちとふれ合ってくださいました。
  •  午前は各学年と綱引きや大なわとびなどを一緒に楽しんでいただき、午後からは西千手公園で野球教室が行われ、年長さんが選手の指導のもと「投げる」「打つ」「捕る」の3つを経験させてもらいました。
  •  球場でしか会えない選手と身近にふれ合い、野球を経験できる子どもたちはとっても幸せです。

◇ 4月、5月分は、こちらです。→H24年4.5月分